「何が」ではなく「なぜ」を、「歴史用語の多さ」ではなく「その関係性」を大切に。

J魏晋南北朝時代という、中国の民族大移動期 J魏晋南北朝時代という、中国の民族大移動期

〇天下三分の計―『蜀書』

“分裂”と“ボーダレス”がキーワードの、古代末期と中世初期

 このページでは、東アジア世界における古代の終焉から、歴史が中世へと入っていく時代を見る。

 

 時期にして、3 世紀から 6 世紀ごろまでである。

 

 洋の東西を問わず、この時代を象徴するものは、「国家の分裂」である。

 

 ただし、この場合には二通りの意味がある。

 

 まずは古代の大帝国が滅び国が複数に分かれていくこと

 

 これはローマ帝国や中国・後漢などが当てはまる。

 

 次は、いまだ“国家”として統一を見ていない地域に複数の領邦が現われそれが後に「一国家」としてまとめられていくケースである。

 

 こちらには現在のヨーロッパ各国や、当時は「」と呼ばれたわが国、日本が該当する。

 

 しかしどちらのケースにせよ、このような現象が発生した原因は、「地球規模での、民族大移動」にある。

 

 ローマや後漢では、平和裏にであろうと武力をもってであろうと、外部からの異民族侵入により、国家が統一を保てなくなった。

 

 また日本やヨーロッパでは、当地に移住してきた集団が、おのおの共同体を形成したため、それが小国となった。

 

 そして、そのような大規模な民族の移住をもたらしたものは、遊牧民族の活動にほかならない。

 

 ある部族は、騎馬民族に住んでいる地域から追い出され、また別の場合では、遊牧民族自身が大国へと攻めこみ、そこに居住するようになった。

 

 およびここから、「ボーダレスであること」もまた、〈中世〉の特徴である。

 

 なにしろ国家”の力が衰えたため当然に、人々の共同体に対する意識からもまた、“国境”という観念が希薄となったからだ。

 

 その点から、中世では“国家”が分裂した結果、そこからバラバラになった民族や国民の文化が混じり合い新しい文化が生まれる、という現象が起きている。

 

 ではなぜ、騎馬民族たちは 3 世紀から活動を始めたのだろうか?

 

 くわしく見ていく。

 

地球の寒冷化と騎馬民族

 まず 2 〜 3 世紀ごろから、地球の寒冷化が始まった。

 

 原因は、おそらくは太陽活動の低下によるものであると思われるが、これにより北方に住んでいた騎馬民族たちが、4 世紀から 5 世紀にかけて南下西進を開始した。

 

J魏晋南北朝時代という、中国の民族大移動期
各時代における、地球の気温変化を表すグラフ
借用元 http://ichijin.seesaa.net/article/390389887.html

 

 はじめに中国北部にいた〈匈奴“きょうど”〉は、1 世紀に南北に分裂し、一部の者たちは中国への侵入を始めた

 

 次に東北方面の大領土を支配していた〈鮮卑“せんび”〉、匈奴の一部族である〈羯“けつ”〉、西方の〈 “てい”〉 ・〈羌 “ぎょう”〉なども移住をおこなった。

 

 この 5 部族はその後、中世の中国において大きな役割を果たすこととなり、「五胡(ごこ)」と呼ばれる。

 

 さらには、中国ではこの五胡のほかに同時期に 16 の王朝がくり返し興ったため、304 〜 439 年までの時代は「五胡十六国」と呼ばれる。

 

J魏晋南北朝時代という、中国の民族大移動期
五胡十六国時代の略図
借用元 http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/56495697.html

 

また中国では4 世紀初頭から 7 世紀中盤にかけ目まぐるしく王朝が交替されていった

 

 その過程で中国には、遊牧民族の文化や習慣が採り入れられまた中国南部の江南に移住した漢人も、当地を開発していった

 

後漢から 3 世紀半にわたる分裂時代を、「魏晋南北朝時代」と呼ぶ。

「古代大帝国」の終焉

 この時代における遊牧民族の運動がもたらしたものは、まずは「古代大帝国」を本格的に終わらせることであった。

 

 「古代大帝国」とは端的に述べれば古代の中期から後期にかけて隆盛を極めた、ローマ帝国と中国・漢である。

 

 どちらもユーラシア大陸の両端に位置しており、なお全盛期の国力も近かったと思われている。

 

 まず漢であるが、こちらは後漢時代に〈黄巾の乱〉が国内で勃発し、それを契機として各地で群雄が割拠し、滅亡した。

 

 ところがその後、上述したように数多くの遊牧民族や集団が国内に存在することとなったためそれから、何百年も統一王朝は出現しなかった

 

 およびローマ帝国であるが、当地はゲルマン人が大量に侵入したことにより、帝国の統治が困難となって滅んだ。

 

 そしてゲルマン人が移動を始めた原因は、それまで彼らが住んでいた中央、北方ヨーロッパから、騎馬民族であるフン族に追い立てられたからである。

 

J魏晋南北朝時代という、中国の民族大移動期
フン族
借用元 http://415100.blog50.fc2.com/blog-entry-1858.html?sp

 

 そうしたわけで、ヨーロッパ世界もまた雑多な集団同士が共存する地域となり、統一性が戻ることは、当分はなかった。

 

 そこから、遊牧騎馬民族が果たした歴史上の役割のひとつは、以下のものである。

 

 それは皇帝”が支配する〈古代帝国〉を終わらせることにより古代〉という時代そのものにも終止符を打ったことだ。

「異文化の混合」が特徴である、〈中世〉の王国

 上記、遊牧民族の活動が活発になってから、すなわち古代後期から中世初頭にかけて、ユーラシアで興った王国には、共通した特徴がある。

 

 それは国家の原理が複数の文化による集合で成り立っている点である。

 

 ある国がもつ支配体制や文化は、多民族統合の結果として生まれたものである、という点が、この時代における国家群の特徴である。

 

 たとえある一民族が、その国の支配階級であったとしても、だ。

 

 つまりは中世とは遊牧騎馬民族により、いったんは解体された国家が各地の特徴を集積させ、また再び統合された時代なのだ。

 

 例を挙げれば、226 年に建国された〈ササン朝ペルシャ〉は、たしかに国教はゾロアスター教である。

 

 しかし当国では、仏教やキリスト教も伝来したため、それらの混合宗教である〈マニ教〉を生んでいる。

 

 またもちろん、ササン朝内には多様な民族が共生していた。

 

 さらには、中世の覇者となるイスラム王朝は、アラブ人を指導者としながらも、支配下のペルシャ、インド、エジプトなどの文明も採り入れている。

 

 くわえてヨーロッパやわが国日本でも、数百年の時間をかけ、「一地域としてのヨーロッパ」や「大和朝廷による統一王朝」を生んでいる。

 

 五胡十六国の時代とは、地域を東アジアに限定せずユーラシア全体で見渡しても同様の特性が見出されるのだ。

 

 それは、複数の民族の個性が集積された国家群が、各地に出現したということである。

関連ページ

J三国時代、五胡十六国時代-中国における中世の開始
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J魏晋南北朝時代の社会から見える、中国史の本質
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J六朝文化の、特徴と先進性と限界性-早すぎた“近代”
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J清談、書道、道教、大乗仏教に見る、六朝文化の光と影
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J古代朝鮮史-衛氏朝鮮から、百済、高句麗、新羅まで
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J三国時代における、朝鮮と日本(倭)の関係性−安全保障同盟
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K隋の成立と興亡-中国に再度、統一王朝ができた意味
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K大唐帝国の成立-ユーラシアを貫徹する、中世的大帝国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐代文化 -仏教、道教、儒教に見る、中世的大教団の成立
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐代芸術の近代性と、純粋芸術の成立-書、山水画 等
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐の周辺国家、突厥、ウイグル等に見る、中世の時代潮流
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐と吐蕃成立、および現代まで続く中国-チベット関係
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K新羅と渤海-唐における属国・周辺国のと運命−大国に翻弄
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K大唐帝国の衰退と滅亡に見る、中世の「終わりの始まり」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K五代十国-武断政治と近代国家の萌芽、中世的国家の否定
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋の周辺国家、高麗、大越国、日本に見る近代的民族主義
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋の周辺国家、契丹、金、ユーラシアの「北方民族の南下」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋の成立と統治-文治主義国家と覇権主義国家の差異と弱点
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋代社会-近代通商網と貨幣経済が西洋より早く出現
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L朱子学-宇宙を対象化し、完成に向かう中国・宋代文化
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋代文化-史学、文学、宗教に現れる、中国文化の集大成
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋代芸術-陶磁器、画-西洋に対し、優位を保つ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Mモンゴル帝国成立が、中世ユーラシアの勢力図をご破算に
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Mモンゴル帝国が、西洋近代誕生の触媒となった
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
M元・モンゴル軍に見られる、中世的国家の最後の大爆発
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
M元による東アジア支配と、貨幣経済発達の意味-近代通商へ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
N中国4大発明と、中国社会の近代性、特殊性、限界性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
N技術革新に見る、中国近代はいかにして西洋近代に敗れたか
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Oヤマト王権は、なぜ、どのように成立したか-カギは温暖化
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O飛鳥時代-世界の中世大帝国成立と呼応-宗教的権威の確立
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O飛鳥・白鳳文化-外来仏教を、“実用”の対象へ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O奈良時代の日本という、小さな中世的中央集権帝国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O天平文化を生んだ平城京の、偉大性と、輸入文物の未熟さ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O平安京遷都を、日本史、世界史の観点で見てみると
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O蝦夷征伐に見る、現代まで続く東北地方の不幸とは?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O弘仁・貞観文化−天平文化と国風文化の過渡期的あり方
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O密教が、日本仏教のあり方を決定づけた−徹底した機能主義
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O藤原氏による摂関政治は、なぜ成立したか−現代にまで影響
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O国風文化に混沌と共存する、怨霊・末法思想と近代性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O国風文化を経て、ヨーロッパに近づく日本の歴史と日本人
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O武士を生み育んだ寒冷化-北方騎馬民族と同根のサムライ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。

管理人 水無川 流也