「何が」ではなく「なぜ」を、「歴史用語の多さ」ではなく「その関係性」を大切に。

N中国4大発明と、中国社会の近代性、特殊性、限界性 N中国4大発明と、中国社会の近代性、特殊性、限界性

○ヨーロッパ文明発展の導火線ともなった、紙や火薬を最初につくり出したのは中国人だ―マハティール

近代文明の基盤たる文物を発明した、中国人

 中国は、西洋に先んじて何千年も前より偉大な発明品を遺している

 

 それは天体観測のための道具であったり、算術や建築のための計測機器であったり、というものである。

 

 中国においては、こうした文物を紀元前にして、すでに生み出していたのだ。

 

 そのなかにあって、「中国の 4 大発明」と呼ばれるものがる。

 

 それは、紙、火薬、羅針盤、印刷技術である。

 

 これらの品は、近現代社会で生活するにあたり必須のものであるが、これらはすべて、ヨーロッパよりも先に中国で発明されたのである。

 

 西洋におけるルネサンスにおいて、「3 大発明」と呼ばれるものは、「火薬、羅針盤、印刷技術」である。

 

 そのすべてが、中国から生まれたということは、驚異であり、また中国文明の偉大さを表していると言えよう。

 

 ところが、ここで大きな疑問を抱くようになる。

 

 それは、それらの品がもとは中国から生まれたのであればなぜ現代社会において、人々にそのように認識されないか、ということある。

 

 たとえば「ルネサンスの 3 大発明」という言葉は知られていても、それらはルネサンスの技術革新において生まれた、と思っている人は多数、存在する。

 

 それは、いかなる理由においてか?

 

 こうした点を、考察してみる。

はじめから“近代”を実現していた中国人

 このことはこれまで、「K唐代文化の近代性-書、山水画、視覚芸術」のページなどで、述べてきた。

 

 中国という国は、文明の初期段階から“宗教性”をもたないため、その生み出す文化にも、宗教的な制約はなかったのである。

 

 それこそが、中国という国が何千年も前から〈近代文化〉、〈近代文明〉をもち得た最大の理由である。

 

 この点を具体的に語るならば、以下のようになる。

 

 たとえばヨーロッパの中世において、「“空飛ぶ物体”を造る」などと言えば、間違いなく「神をも恐れぬ悪魔」の烙印を押され、その者は宗教裁判にかけられたであろう。

 

 ところが中国では、〈天灯(てんとう)〉という一種の熱気球が、2000 年も前に存在していた。

 

N中国4大発明と、中国社会の近代性、特殊性、限界性
天灯
借用元 http://pansci.asia/archives/3449

 

 そうしたことから中国では、思いついたもの、あるいは必要とされたものは、即座に現実化されてきたのである。

 

 ただし中国という国は、その文化・文明に一定の発展性がないため、偉大な発明品も、歴史上でえは“”として現われ、“”として伸びていかない。

 

 またあるいは、相互の“”が有機的な連続性をもたないのでどれほど優秀な利器が現れようと、それは社会全体の進展として、つながらないのである。

“紙”が出現した経過と結果

 ではここで具体的に、〈中国の 4 大発明品〉が現れた状況と、その後を語る。

 

 まず“”であるが、これは紀元前より、その原型となったものは存在した。

 

 ところが後漢の時代、紀元 105 年に、宦官(かんがん)である蔡倫(さいりん)が、これをおおきく改良したとされる。

 

 その後、多くの改善がなされ、紙は中国王朝において、記録のために不可欠な媒体となった。

 

 またその結果、中国における多くの歴史的書物が、紙に書かれるようになった。

 

 さらに 751 年の〈タラス河畔の戦い〉において、紙はイスラム社会に伝わり、くわえてヨーロッパにはイスラム経由で12 世紀に伝播された

 

 その点で紙は中国における情報の保存、伝達を向上させたと言えるだろう。

 

 ところが紙は、中国ではあくまで上級階級のものであったため、庶民には 20 世紀まで、縁遠いものであった。

 

 つまりは、紙は中国社会を根底から改革するほどの影響力は歴史上ではもたなかったのである。

“火薬”、“羅針盤”、“活版印刷”は、どうか

 次は“火薬”について述べる。

 

 最近の研究によると、火薬は唐の時代である9 世紀に、道教の道士が不老不死の霊薬をつくろうとした際に、偶然、発明されたと言われる。

 

 その後、火薬は直接に軍事兵器として用いられるようになったが、これもまたイスラム国家に伝わった。

 

 イスラムの軍隊は火薬兵器を改良し、ヨーロッパの軍勢を苦しめた。

 

 ところが火薬の存在を知ったヨーロッパは、そこからさらに鉄砲や大砲を開発し、ついにはイスラム勢や中国を圧倒するようになった

 

 次に“羅針盤”である。

 

 中国では、1 世紀にはすでに、磁針が北を向くという性質は、知られていたようである。

 

 そこから、戦争の際にどのように転がしても、同一の方向を向く〈指南車〉が作製された。

 

N中国4大発明と、中国社会の近代性、特殊性、限界性
指南車
借用元 http://www43.tok2.com/home/yoshitoharada/3534_gakutensoku.html

 

 ちなみに、現代でも人になにかを教授することを、「指南する」というのは、ここから来ている。

 

 後に中国では明代となり、磁針の性質は“羅針盤”として航海に活かされることとなる。

 

 この活動は、 15 世紀初頭よりおこなわれた「鄭和の大航海」として知られる。

 

 宦官である鄭和は、300 隻もの大船団を率いて、アフリカ東岸にまで達した。

 

N中国4大発明と、中国社会の近代性、特殊性、限界性
鄭和の大航海図
借用元 http://homepage3.nifty.com/ryuota/earth/history14.html

 

 この史実は、西洋のコロンブスがなした西インド諸島到達より、100 年も早いものである。

 

 しかしその後、ヨーロッパは大航海時代から帝国主義の時代を経て、世界を制覇するに至ったが、明は〈海禁政策〉を実行したため、それ以上の海運の発達はなかった。

 

 最後に“活版印刷”である。

 

 中国では宋代の 11 世紀に、活版印刷の技法は確立された。

 

 その技術は、日本やヨーロッパ等にも伝えられ、とくにヨーロッパでは、『(新約)聖書』の普及におおいに貢献した。

 

 ところがこれについても、中国では社会を動かすほどのインパクトをもたなかった。

 

 その理由のひとつとして、中国の漢字はヨーロッパのアルファベットとくらべ、文字数が多すぎることが挙げられる。

 

 いずれにせよ中国では、活版印刷技術の恩恵を、民衆が享受するということはほとんどなかったのだ。

 

 このようにおなじ文物であっても、中国とヨーロッパでは、「社会あたえた有用性」という立場から見れば、天地の開きがあるのである。

関連ページ

J魏晋南北朝時代という、中国の民族大移動期
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J三国時代、五胡十六国時代-中国における中世の開始
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J魏晋南北朝時代の社会から見える、中国史の本質
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J六朝文化の、特徴と先進性と限界性-早すぎた“近代”
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J清談、書道、道教、大乗仏教に見る、六朝文化の光と影
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J古代朝鮮史-衛氏朝鮮から、百済、高句麗、新羅まで
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
J三国時代における、朝鮮と日本(倭)の関係性−安全保障同盟
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K隋の成立と興亡-中国に再度、統一王朝ができた意味
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K大唐帝国の成立-ユーラシアを貫徹する、中世的大帝国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐代文化 -仏教、道教、儒教に見る、中世的大教団の成立
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐代芸術の近代性と、純粋芸術の成立-書、山水画 等
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐の周辺国家、突厥、ウイグル等に見る、中世の時代潮流
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K唐と吐蕃成立、および現代まで続く中国-チベット関係
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K新羅と渤海-唐における属国・周辺国のと運命−大国に翻弄
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K大唐帝国の衰退と滅亡に見る、中世の「終わりの始まり」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
K五代十国-武断政治と近代国家の萌芽、中世的国家の否定
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋の周辺国家、高麗、大越国、日本に見る近代的民族主義
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋の周辺国家、契丹、金、ユーラシアの「北方民族の南下」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋の成立と統治-文治主義国家と覇権主義国家の差異と弱点
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋代社会-近代通商網と貨幣経済が西洋より早く出現
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L朱子学-宇宙を対象化し、完成に向かう中国・宋代文化
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋代文化-史学、文学、宗教に現れる、中国文化の集大成
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
L宋代芸術-陶磁器、画-西洋に対し、優位を保つ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Mモンゴル帝国成立が、中世ユーラシアの勢力図をご破算に
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Mモンゴル帝国が、西洋近代誕生の触媒となった
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
M元・モンゴル軍に見られる、中世的国家の最後の大爆発
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
M元による東アジア支配と、貨幣経済発達の意味-近代通商へ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
N技術革新に見る、中国近代はいかにして西洋近代に敗れたか
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Oヤマト王権は、なぜ、どのように成立したか-カギは温暖化
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O飛鳥時代-世界の中世大帝国成立と呼応-宗教的権威の確立
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O飛鳥・白鳳文化-外来仏教を、“実用”の対象へ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O奈良時代の日本という、小さな中世的中央集権帝国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O天平文化を生んだ平城京の、偉大性と、輸入文物の未熟さ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O平安京遷都を、日本史、世界史の観点で見てみると
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O蝦夷征伐に見る、現代まで続く東北地方の不幸とは?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O弘仁・貞観文化−天平文化と国風文化の過渡期的あり方
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O密教が、日本仏教のあり方を決定づけた−徹底した機能主義
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O藤原氏による摂関政治は、なぜ成立したか−現代にまで影響
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O国風文化に混沌と共存する、怨霊・末法思想と近代性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O国風文化を経て、ヨーロッパに近づく日本の歴史と日本人
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
O武士を生み育んだ寒冷化-北方騎馬民族と同根のサムライ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた全世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。

管理人 水無川 流也