「何が」ではなく「なぜ」を、「歴史用語の多さ」ではなく「その関係性」を大切に。

C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点 C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点

十字軍を、人類史的視点で顧みれば

ここでは〈十字軍〉とは何か、これを西洋史に限定せず、人類史の立場から見てみる。

 

ます「十字軍 対 イスラム諸国」の戦争とは、人類史上初の一神教勢力同士の戦いと位置づけられる。

 

 これを皮切りに、キリスト教国とイスラム教国は、後々、現代にいたるまで本格的な戦争を、何回も起こすこととなる。

 

 および現象のみを述べれば、歴史上、キリスト教徒とイスラム教徒は和解し、共存共栄をしたことがない。

 

 たしかに過去におけるイスラム教国のなかに住むキリスト教徒は、〈シズヤ=人頭税〉という税金さえ払えば、信仰の自由を守られたという事実は存在する。

 

 またキリスト教徒やユダヤ教徒は、「啓典の民」として、イスラム教国内で一定の敬意を表されたのは、事実である。

 

 しかしこの場合は、あくまで主従関係が成立したうえでのものだ。

 

 およびこのケースにおけるイスラム教徒の立場に立てば、あくまでキリスト教徒からの税金を確保したかっただけである。

 

 その際、もしキリスト教徒がイスラム教への改宗や、もしくは納税を拒否した場合は、容赦なく罰せられた。

 

 一方、十字軍にしても、イスラム教国内における残虐行為は、壮絶をきわめた。

 

 イスラムの兵士に対してはもちろん、地域の非戦闘員を皆殺しにするということは、ひんぱんにおこなわれた。

 

 のみならず十字軍は、元来的には味方であるはずのビサンツ帝国内においても、略奪や暴行などの行為をはたらいた。

 

 こうしたキリスト教徒・イスラム教徒、両者の態度を決定づけたものは、何であろうか?

〈三位一体〉という概念をめぐる対立

 この点は端的に述べるならば、歴史的にキリスト教教会の主流であったカトリックやプロテスタントの唱える、〈三位一体〉という概念に原因がある。

 

 〈三位一体〉については、当サイトの、「Kキリスト教における最重要概念、〈三位一体〉とは何か?」を参考にしていただきたい。

 

 キリスト教側とすれば、〈キリスト〉を「神の一部」と認めない者は、すなわち“悪魔”である。

 

 “悪魔”は当然に“人間”ではないのだから、それに対してはどのようなことをしても許される

 

 いや、むしろ悪魔”を排斥するのは絶対の正義、というのが、キリスト教徒の論理である。

 

 よってキリスト教徒は歴史上、〈魔女狩り〉や〈異端審問〉で多くの“悪魔”を葬ってきた事実がある。

 

 またビザンツ帝国の国教である〈ギリシャ正教〉は、カトリック的な立場での「三位一体論」を採らない

 

 この点は、「Aビザンツ帝国の人民支配を正当化する、ギリシャ正教」のページを参照していただきたい。

 

 こうしたことから、カトリック教徒である十字軍の兵士たちは、おなじキリスト教国であるビサンツ帝国の国民に対しても、非道な行いができたのである。

 

 ここから十字軍の活動とは、西洋人が元来もっていた残虐性を、歴史的に最初に開放してしまった事件とも考えられる。

 

 こうした西洋人の残忍さ、および他者・他民族・異教徒に対する不寛容性は、後々、近世以降の歴史において、イヤになるほど目にするようになる。

 

 では一方、イスラム教徒側の論理はどうか?

 

 じつはイスラム教徒の聖典である『クルアーン=コーラン』のなかで、〈三位一体〉を批判する箇所があるのだ。

 

 イスラム教徒からすれば、「“神”=アッラー」は、絶対的な唯一神である。

 

 および彼らにとっては、「ナザレのイエス」こと〈イエス・キリスト〉は、数ある預言者のひとりにすぎない。

 

 つまりイスラム教徒にとっては、人間であるキリストを、「神の一部」と見なすことは“神”=アッラーに対する大いなる冒涜である。

 

 ならばイスラム教徒から見れば、〈三位一体〉を唱える“キリスト教徒”とは、存在自体が「神への不敬」であろう。

 

 こうした点から、キリスト教徒が〈三位一体〉という教義を保持する以上、キリスト教徒とイスラム教徒は絶対に共存できない関係にあると言える。

 

 よってキリスト教徒とイスラム教徒の対立とは、「異文化、異教徒」という表層的な関係によるものではなく、まさに原理上の相違にもとづいたものであるのだ。

 

 したがって 21 世紀初頭である現在の時点において、顕在化しているキリスト教とイスラム教による「文明の衝突」は、残念ながら解決不可能である。

 

 両者による対立の解消は、どちらかが、あるいは両者が教義そのものを破棄するか、あるいは片方がどちらかの宗教に帰依するしか、方法はないのである。

 

 

 

C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点
現代におけるイスラム過激派
借用元 http://plaza.rakuten.co.jp/yama326/diary/201406300007/

 

C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点
現代のイラク戦争における多国籍軍
借用元 http://dontena.doorblog.jp/archives/24645764.html

 

関連ページ

@ヨーロッパにおけるゲルマン民族大移動-原因と結果
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランク王国の成立と実態-西洋中世の完成と、文明の程度
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランス、イタリア、神聖ローマ帝国の形成と、今日のヨーロッパ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@封建制度と自由都市が、近現代経済体制をつくった
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@中世キリスト教文化が、キリスト教否定を招くという矛盾
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@西洋中世文化という少年期-“聴覚”の重要性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の人民抑圧を正当化する、ギリシャ正教
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、興亡と盛衰-朽ちていくことが宿命
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、歴史的意義と発展段階-文明の仲介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aスラブ諸国の形成と特徴-彼らはなぜ、専制的なのか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの歴史的意義-その本質は、「海の騎馬民族」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍 -「文明の衝突」の原点-逆転する時代の覇者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Dローマ教皇と国王-特異な二重支配体制-権威と権力の分掌
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
D教皇権の盛衰と、国王権の伸長-近世的社会を準備
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E百年戦争の原因と経過と結果-近代ヨーロッパの構図を形成
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Eバラ戦争が決定づけた、イングランドとスコットランド
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fイスラム教の誕生と本質-なぜ時代はイスラム教を必要としたか
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fスンナ派とシーア派の差異-ペルシャ文明の関与
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
F.『コーラン』の構造に見る、ムスリムの行動原理
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gアッバース朝と後ウマイヤ朝-中世の覇者、中世西洋の抑圧者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gトルコ系王朝という、中世・近代西洋の「最強仮想敵国」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gインド、東南アジアにおける、イスラム教の伝播-人口増加を呼ぶ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
G.アフリカ大陸の通商路をつくった、イスラム王朝
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化と、その本質-〈古代〉と〈近代〉の媒介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
H神秘主義という、イスラム教の「正統的異端者」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文学から読み解く、中世世界-聴覚優先
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化 -造形美術と音楽-イスラム芸術の特殊性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジア諸国における、共通した特性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Jベトナム-中国(漢字)文化圏 -強国支配に対し、抵抗
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジアにおける、上座部仏教(小乗仏教)の浸透
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iタイ、カンボジア等で、なぜ仏教は受容されたか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iマレーシア、インドネシア-近代化できたイスラム教国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iフィリピン-ラテン・アメリカに近い、カトリック文化圏
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。

管理人 水無川 流也