「何が」ではなく「なぜ」を、「歴史用語の多さ」ではなく「その関係性」を大切に。

E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む

○フランス人は、神が彼らに与え給うた偉大な事業をまもなく成し遂げるでしょう―ジャンヌ・ダルク

現代におけるイギリスとフランス

 この章では、中世の末期に英仏間で起こった〈百年戦争〉をとりあげることで、中世から現代までのイギリスとフランスの関係性について述べる。

 

 現代では一般に、イギリスとフランスは対照的な国民性と、まったく異質な文化をもった国だと認識されている

 

 またたしかに、民族や言語により分類しても、イギリス人はゲルマン系のアングロ・サクソン人であり、フランス人はラテン人である。

 

 しかしこのような言語や民族による国民性の区分けは、じつに暫定的なものである。

 

 これまで述べてきたように、たとえば〈ケルト人〉、〈ゲルマン人〉、〈スラヴ人〉という人種分類は、あくまで同時期の同地域に存在した、異なる人種の総称にすぎない。

 

 さらに中世から近代にかけて、各国の国民性はあるときは〈国民国家〉という虚構により、また別のケースでは後天的な歴史的事象により形成されてきた。

 

 つまりイギリス・フランスとは、歴史の最初から水と油の関係にあったのではない。

 

 いや、むしろ中世の後期までは、両国はほぼ同一の文化圏にあったのだ。

 

 というのは両国とも、10 世紀以降にヴァイキングであるノルマン人の支配下に入り、それぞれノルマン人の王朝が立ったからである。

 

 くわえて中世の段階では、“国家”という観念が希薄だった。

 

 よってノルマンディー公国があるフランス北部と、ノルマン朝が存在したイングランド地域は、海をはさんだほぼおなじ国と言えたであろう。

 

E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
ノルマンディー公国とノルマン朝
借用元 http://sekaisi-syoyou.blogspot.jp/2014/01/20.html

 

 その証拠に、ある時期までは〈英語〉とは、〈フランス語〉の方言にすぎないとも思われていた。

 

 その根拠として、フランス語から英語へと流入した単語は、山ほどある。

 

 一例を挙げると、以下である。

 

 adventure(冒険)、beef(ビーフ)、captain(キャプテン)、city(都市)、court(法廷)、dinner(夕食)、fine(晴れ)、flower(花)、government(政府)、etc…。

 

参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/フランス語から英語への借用

 

そのようなイギリスとフランスが、決定的に分離したのは、14 世紀から始まる〈百年戦争〉においてである。

 

 〈百年戦争〉については次のページでくわしく述べるが、ここでは両国の王権、および議会が成立した過程を見る。

 

 

イギリスの議会

 ヨーロッパ中世後期の各国王たちは、行政をおこなうにあたり、貴族聖職者、および都市の代表者などが〈身分制議会〉を開いていた。

 

 ところでイギリスにおいては、征服王朝であるノルマン朝が支配していたため、例外的にはじめから王権が強かった

 

 そのイギリスの王、ジョン王は 12 世紀、フランス王と争い、フランス領地の大半を失った。そのため彼は、「失地王」とも呼ばれる。

 

 くわえてジョンは、ローマ教皇と敵対し破門され、さらに失政のため財政危機を招いたので、国民に重税をかけた。

 

E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
「失地王」こと、ジョン王
借用元 http://xmugix.exblog.jp/17815484/

 

 そこで貴族たちは結束し、1215 年、ジョンに大憲章(マグナ=カルタ)を認めさせた。

 

 これにより王は、新たな課税をかけるときには高位聖職者と大貴族による会議の承認を得ることが必要となった

 

E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
大憲章(マグナ=カルタ)
借用元 http://ameblo.jp/hirohito33/entry-11946803855.html

 

 ところがジョンの後を継いだ王は大憲章を破ったため、貴族、シモン=ド=モンフォールは他の貴族を率いて反乱を起こし、王を破った。

 

 これにより議会には、州や都市の代表も加わり、国政を協議することとなった。

 

 これが現在における、イギリス議会の起源である。

 

 さらに 14 世紀なかばには、上院と下院が別れ、法律の制定には下院の承認が必要となった。

 

 また下院には、武力を失った〈騎士〉がジェントリ(郷紳)となり、州を代表する勢力となった。

 

 このようにしてイギリスの議会は、世俗の身分を多く取りこんでいった。

 

中世のイギリス議会による、後世への影響

 こうした経緯を経てイギリス議会は成立したのであるが、この機関の特殊性はやはり、どの国のものよりも成立時期が早いということである。

 

 その原因は上述したように、イギリスでは偶然的に他国と異なり、中世初期から強力な王権が存在したことによる。

 

 よってイギリスでは、周辺国が中央集権体制を築こうとしているとき、すでに王の権利を制限する法律ができるほど、政治体制は進んでいたのである。

 

 こうしたイギリスの先進性は、近代の〈ピューリタン革命〉に見られる「王殺し」、「市民による議会」のように、大陸より先んじて歴史を進展させることとなる。

 

 またイギリスでは、より近代的な議会は早い時期にできたが、「イギリス」という国の統一には時間がかかった。

 

 なぜならイギリスの周辺には、ウェールズ、スコットランド、アイルランドがあり、いずれも当初は、イギリスによる統治を拒んだからだ。

 

 というのは、それらの国にはゲリマン民族の大移動以前より存在した、ヨーロッパの先住民族〈ケルト人〉たちが多くいたからである。

 

 したがってイギリス国内は、つねに内戦に悩まされることとなり、この状態は現代まで続いている。

フランス王権の強化

 はじめにフランスでは、王権はフランス北部を支配するだけの、弱いものでしかなかった。

 

 そのかわりに、諸侯たちの力が強かった。

 

 その理由は、諸侯たちが営む〈荘園〉がしっかりと運営されており、一定の生産力があったからだと考えられる。

 

 古代ローマ時代、市民生活を続けられなくなった者たちは、おもにローマから西方へと逃げ、そこで小作人である〈コロヌス〉となった。

 

 フランスではコロヌスがそのまま、荘園の〈農奴〉に転化する事例が多かった。

 

 よって、荘園には充分な労働力がいたため、荘園を経営する諸侯たちも、経済的に豊かであっただろう。

 

 しかし 12 世紀末に即位した国王、フィリップ 2 世は、前述のイギリス王、ジョンから多くのフランス内におけるイギリス領を奪った。

 

 また、「D教皇権の盛衰 2.国王権の伸長」の、「教皇権の衰退」で述べたフィリップ 4 世は、教皇ボニファティウス 8 世との戦いをつうじ、1302 年に〈三部会〉を開いた。

 

 〈三部会〉は聖職者貴族平民からなる身分制議会であったが、フランスでは王権が強化されていくにつれ、存在意義を失っていた。

 

E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
後の三部会
借用元 http://ameblo.jp/tsuguminokazoku/entry-10997340048.html

なぜフランスの中央集権化は、スムーズに進んだか

 西欧ではフランスの王を頂点する中央集権体制は、イギリスに次いで早く、かつ高い完成度で成立した。

 

 その理由のひとつとして考えられるのは、ローマ時代におこなわれた同化政策である。

 

 ローマ帝国は、支配した地域を〈ローマ化〉することにより、現地人の同化を図った。

 

 また〈ゲルマン民族の大移動〉の後にも、フランスの主流民族となったのは、ローマ人とおなじ〈ラテン人〉である。

 

 さらには中世初期からのキリスト教の教化において、フランス地方は充分にカトリックに感化されていた。

 

 したがってフランスには、中世には現在まで残る、多くの歴史的なキリスト教教会が建てられた。

 

 パリのノートルダム大聖堂、北フランスのアミアン大聖堂などである。

 

E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
ノートルダム大聖堂
借用元 http://www.geocities.jp/sjwatabe/reims.html

 

ちなみにフランスは、現在でも建前上とはいえ、カトリック信者が多い国である。

 

 くわえてフランスは、南西部の一部をのぞき、ほぼ国土が平坦である。

 

 そうした歴史的・地理的背景から、フランス人は中世の段階で、国民はほぼおなじ価値観を共有できていたのではないだろうか。

 

 よって国内での対立は少なく、イギリスより容易に「国家の統一」はなされたと考えられる。

 

 こうしたイギリスとフランスが、百年戦争に突入し、長年のライバルとなっていくのである。

関連ページ

@ヨーロッパにおけるゲルマン民族大移動-原因と結果
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランク王国の成立と実態-西洋中世の完成と、文明の程度
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランス、イタリア、神聖ローマ帝国の形成と、今日のヨーロッパ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@封建制度と自由都市が、近現代経済体制をつくった
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@中世キリスト教文化が、キリスト教否定を招くという矛盾
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@西洋中世文化という少年期-“聴覚”の重要性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の人民抑圧を正当化する、ギリシャ正教
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、興亡と盛衰-朽ちていくことが宿命
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、歴史的意義と発展段階-文明の仲介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aスラブ諸国の形成と特徴-彼らはなぜ、専制的なのか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの歴史的意義-その本質は、「海の騎馬民族」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍 -「文明の衝突」の原点-逆転する時代の覇者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Dローマ教皇と国王-特異な二重支配体制-権威と権力の分掌
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
D教皇権の盛衰と、国王権の伸長-近世的社会を準備
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E百年戦争の原因と経過と結果-近代ヨーロッパの構図を形成
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Eバラ戦争が決定づけた、イングランドとスコットランド
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fイスラム教の誕生と本質-なぜ時代はイスラム教を必要としたか
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fスンナ派とシーア派の差異-ペルシャ文明の関与
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
F.『コーラン』の構造に見る、ムスリムの行動原理
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gアッバース朝と後ウマイヤ朝-中世の覇者、中世西洋の抑圧者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gトルコ系王朝という、中世・近代西洋の「最強仮想敵国」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gインド、東南アジアにおける、イスラム教の伝播-人口増加を呼ぶ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
G.アフリカ大陸の通商路をつくった、イスラム王朝
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化と、その本質-〈古代〉と〈近代〉の媒介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
H神秘主義という、イスラム教の「正統的異端者」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文学から読み解く、中世世界-聴覚優先
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化 -造形美術と音楽-イスラム芸術の特殊性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジア諸国における、共通した特性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Jベトナム-中国(漢字)文化圏 -強国支配に対し、抵抗
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジアにおける、上座部仏教(小乗仏教)の浸透
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iタイ、カンボジア等で、なぜ仏教は受容されたか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iマレーシア、インドネシア-近代化できたイスラム教国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iフィリピン-ラテン・アメリカに近い、カトリック文化圏
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。

管理人 水無川 流也