「何が」ではなく「なぜ」を、「歴史用語の多さ」ではなく「その関係性」を大切に。

Aビザンツ帝国の、歴史的意義と発展段階-文明の仲介者 Aビザンツ帝国の、歴史的意義と発展段階-文明の仲介者

ビザンツの歴史的段階

 前ページの検証をふまえると、ビザンツも現代のアメリカ同様その国家原理は前時代のものだということがは明確である。

 

 ビザンツはローマ帝国よりさまざまな文明を受け継いだが、それを後退させることはあっても、発展させることはなかった。

 

 たとえば人民支配の方法も、中世をつうじてヨーロッパでは発達した。

 

 〈自由都市〉の出現や社会体制の進化により、ヨーロッパでは近世において、〈ブルジョワジー〉という階級も出現した。

 

 またこのブルジョワジーは、ヨーロッパにおける市場社会を、現在のものにまで成長させた。

 

 ところが、ビザンツの場合ではどうか?

 

 ビザンツにおいては、一時的な身分の上昇はあったが、基本的に農民は〈農奴〉という半奴隷状態におかれ中世末期の時点で待遇の改善は見られなかった

 

 これというのも、ギリシャ時代の生産様式は、〈奴隷制〉に依るものだったからであろう。

 

 ギリシャ人の国家であるビザンツが、国を運営するにあたっては、どうしても産業の生産者を奴隷状態に置くことしかできないのだ。

 

 こうしたわけでビザンツ帝国は、1,000 年にわたる中世で、国力や領土をどんどんと縮小させながら、中世の末期に滅びたのである。

 

 ところで、ビザンツ帝国を滅亡させたのが〈オスマン・トルコ〉であるのは、興味深い事実である。

 

 なぜなら、ここでは詳述できないが、オスマン・トルコもまた、国家のあり方としてはビザンツ帝国同様の、「時代遅れの大国」だからである。

ビサンツ帝国の歴史的意義

 では最後に、ビザンツ帝国が果たした歴史的役割について述べる。

 

 それは端的には、以下の 3 点である。

 

 

@ スラブ地域をギリシャ正教圏に取りこんだ

 

A イスラム勢力に対する、ヨーロッパの防波堤となった

 

B 中世、近世初頭をつうじ、ヨーロッパにイスラム経由での古代ギリシャ文化を伝えた

 

 

 まず >@ スラブ地域をギリシャ正教圏に取りこんだ である。

 

 このことは、次のページでくわしく述べる。

 

 もともとビザンツ帝国の領土であるバルカン半島は、現在のロシアやウクライナのスラブ文化圏とは、地続きである。

 

 ビザンツ帝国は自国領を広げたくとも、西方のヨーロッパはすでにひとつの領域として完成している。

 

 また南方にはイスラム勢力がおり、彼らの実力は自分たちより圧倒的に強い、という事情があった。

 

 するとビザンツの行き先は、北方のスラブ圏しかなかった。

 

 じつは現在のロシア南西部には、7 世紀から 10 世紀にかけ、カザール(ハザール)汗国という遊牧民の大国が存在していた。

 

Aビザンツ帝国の、歴史的意義と発展段階-文明の仲介者
カザール(ハザール)汗国
借用元 http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/usi3.html

 

 しかしカザールは、10 世紀にキエフ大公国に滅ぼされた。

 

 よってビザンツは、北方への交通が可能となった。

 

 くわえて当時は、「中世の温暖期」と呼ばれる時代で、ヨーロッパ全体が暖かい時期であった。

 

 そうしたことから、ビサンツ、スラブ双方にとって行き来がしやすくなったので、スラブ方面へとギリシャ正教が伝えられることとなる。

 

 これによりスラブ文化圏は、中世から近世にかけギリシャ正教の領域となっていく

 

 次に >A イスラム勢力に対する、ヨーロッパの防波堤となった である。

 

 厳密に述べれば、ビザンツの国力は時代とともに落ちていき、やがて地中海はじょじょにイスラム勢力の手に落ちていくこととなった。

 

 ところで陸でのルートは、かろうじてビザンツが存在し、また上記カザール汗国があったため、イスラム勢力は直接的にはヨーロッパへ攻めこめない状況であった。

 

 最後に >B 中世、近世初頭をつうじ、ヨーロッパにイスラム経由での古代ギリシャ文化を伝えた である。

 

 全盛期のイスラム圏内でギリシャ文化が盛んに研究され、それがヨーロッパへ編入され、ルネサンスを生んだことは、よく知られている。

 

 その際にはビザンツは、ヨーロッパとイスラム諸国における中継点となった。

 

 またこの点は、戦争時も平和時もふくめてのものである。

 

 つまり十字軍のような軍事的な動きにより、ビザンツを中継するかたちで、イスラムより古代ギリシャ文化の伝播はあった。

 

 その一方で、通常の商業や外交においても、イスラム圏から、あるいは場合によってはビザンツから直接、ヨーロッパへギリシャ文化が伝えられることもあった。

 

 だが、もっともルネサンスに影響をあたえた動きは、以下のものとも言われる。

 

 中世末期にビザンツの学者たちが、オスマン・トルコの脅威から、イタリアに移り、そこでギリシャ語を伝えたことである。

 

 以上の点から言えることは、ビザンツ帝国は世界の歴史上さほど積極的に独創的なものは生んでいない、ということである。

 

 アラブ世界、および古代西洋から近代ヨーロッパへの橋渡しとなった点、およびスラブ世界にギリシャ正教を伝えた点こそが、ビザンツ帝国の歴史的意義である。

 

 つまりビザンツ帝国とは、歴史の媒介者という点にこそ意味があり単独ではそれほど価値のある国ではないのだ。

 

 

 

 

関連ページ

@ヨーロッパにおけるゲルマン民族大移動-原因と結果
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランク王国の成立と実態-西洋中世の完成と、文明の程度
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランス、イタリア、神聖ローマ帝国の形成と、今日のヨーロッパ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@封建制度と自由都市が、近現代経済体制をつくった
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@中世キリスト教文化が、キリスト教否定を招くという矛盾
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@西洋中世文化という少年期-“聴覚”の重要性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の人民抑圧を正当化する、ギリシャ正教
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、興亡と盛衰-朽ちていくことが宿命
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aスラブ諸国の形成と特徴-彼らはなぜ、専制的なのか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの歴史的意義-その本質は、「海の騎馬民族」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍 -「文明の衝突」の原点-逆転する時代の覇者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Dローマ教皇と国王-特異な二重支配体制-権威と権力の分掌
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
D教皇権の盛衰と、国王権の伸長-近世的社会を準備
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E百年戦争の原因と経過と結果-近代ヨーロッパの構図を形成
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Eバラ戦争が決定づけた、イングランドとスコットランド
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fイスラム教の誕生と本質-なぜ時代はイスラム教を必要としたか
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fスンナ派とシーア派の差異-ペルシャ文明の関与
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
F.『コーラン』の構造に見る、ムスリムの行動原理
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gアッバース朝と後ウマイヤ朝-中世の覇者、中世西洋の抑圧者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gトルコ系王朝という、中世・近代西洋の「最強仮想敵国」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gインド、東南アジアにおける、イスラム教の伝播-人口増加を呼ぶ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
G.アフリカ大陸の通商路をつくった、イスラム王朝
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化と、その本質-〈古代〉と〈近代〉の媒介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
H神秘主義という、イスラム教の「正統的異端者」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文学から読み解く、中世世界-聴覚優先
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化 -造形美術と音楽-イスラム芸術の特殊性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジア諸国における、共通した特性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Jベトナム-中国(漢字)文化圏 -強国支配に対し、抵抗
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジアにおける、上座部仏教(小乗仏教)の浸透
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iタイ、カンボジア等で、なぜ仏教は受容されたか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iマレーシア、インドネシア-近代化できたイスラム教国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iフィリピン-ラテン・アメリカに近い、カトリック文化圏
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。

管理人 水無川 流也