「何が」ではなく「なぜ」を、「歴史用語の多さ」ではなく「その関係性」を大切に。

Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者 Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者

○第二次民族移動―西洋史学の慣用句

ヴァイキングとは?

 われわれ日本人が〈ヴァイキング〉に対してもっている像は、ほとんどがステレオタイプのものか、あるいは実情と異なっているものでしかない。

 

 たとえば〈ヴァイキング〉とは、単なる海賊ととらえられていることもある。

 

 しかし現実には、歴史上のヴァイキングはかならずしも略奪行為を本職としていたわけではない。

 

 むしろヴァイキングの生業は、商行為漁業である場合が多かったのだ。

 

 またヴァイキングの活動は、海上がメインだったわけでもない。

 

 ヴァイキングたちは自国の地上では農業や狩猟、牧畜などを営んでいた。

 

 ただし船で進出した地域をそのまま支配し国を造るということも、ひんぱんにおこなっていただけだ。

 

 ヨーロッパでは 8 〜 10 世紀という中世中期に、ヴァイキングたちの活動はもっとも盛んであった。

 

Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者
ヴァイキングが使用したとされる、〈ヴァイキング船〉
借用元 http://plaza.rakuten.co.jp/laurier/diary/201002040000/

 

 彼らの歴史的な行動から、「“ヴァイキング”とは何か」という本質を、このページと次のページで明らかにさせる。

 

ヴァイキングの起源

 ヨーロッパ中世に活動したヴァイキングは、おもにスカンディナヴィア半島に住んでいた〈ノース人〉という人種である。

 

 しかし〈ノース人〉という、単一民族が存在していたわけではない

 

 〈ノース人〉とはあくまで、「古ノルド語」という言葉から派生した類似の言語を使用し、スカンディナヴィアという地域に住んでいた複数の民族の総称である。

 

 彼らのあいだに、特定で単独の帰属意識があったわけではない。

 

 この点は、〈ケルト人〉や〈ゲルマン人〉が史学会では十把一絡げにあつかわれるのと、同様の事情である。

 

 つまり〈ノース人〉というのは、ゲルマン民族大移動以前、すなわち中世以前からスカンディナヴィアに住んでいた住民を一括で表現しただけのものだ。

ヴァイキング活動が始まった理由

8 世紀ごろ、ヴァイキングたちが本格的にヨーロッパ方面へ進出してくると、ノース人たちは〈ノルマン人〉と呼ばれるようになる。

 

 では、なぜノルマン人たちは郷土を出て、他国へと戦争や侵略を仕掛けたのであろうか?

 

 まずノルマン人の活動期間は、前述したように 8 〜 10 世紀である。

 

 このころは地球の寒冷化が終わり、「中世の温暖期」と呼ばれる暖かい気候が続いた時期だ。

 

 通常ならば民族の大移動期とは、ゲルマン人や匈奴に見られるように、居住地の気温が下がったとき、暖や食糧を求め、おこなわれるものである。

 

 ところがノルマン人たちは、気候が温暖になってから、活動を開始した

 

 これは、なぜであろうか?

 

 それについて、以下のような仮説が述べられている。

 

 まず気温が上昇したため、ノルマン人たちは居住地での農業や漁業により、獲得できる食糧が増え、そのため人口が増えたというものだ。

 

 そうしてノルマン人たちは数が増加した一族を維持するため、外洋へ進出したというのである。

 

 これはとりあえず、説得力のある説である。

 

 次に注目すべきは、ヴァイキングの活動は、ちょうどフランク王国がキリスト教化していく時期と重なる点である。

 

 ここからノルマン人たちは、そうしたフランク王国の動きに抵抗したとも考えられる。

 

なぜならノルマン人たちには、キリスト教と異なる北欧の神話にもとづく宗教を信仰していたからだ。

 

 よってヴァイキングの活動とは、ノルマン人たちが、フランク王国によるキリスト教伝道の動きを警戒したものという可能性もある。

 

 くわえてフランク王国の成立が強固になると、ノルマン人たちは陸路での南下が不可能となる。

 

 そうすると、ノルマン人たちの通商活動に支障が出る。

 

 そうした事情から、ノルマン人たちは海からヨーロッパを攻めたとも見なすことができる。

ヴァイキング活動の歴史

 では具体的に、ヴァイキングは歴史上、どのような活動をおこなったのか。見てみる。

 

 まず西ヨーロッパにおいては、ヴァイキングたちはフランス北部を征服し、〈ノルマンディー公国〉を造った。

 

Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者
ノルマンディー公国
借用元 http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXZZO65573210Q4A120C1000000&uah=DF070120130435

 

 ここから別れた一派はさらに地中海に侵入し、イタリアとシチリア島に〈両シチリア王国〉を建国した。

 

 くわえてノルマン人たちは、現在のイギリスである〈アングロ・サクソン王国〉にも進出した。

 

 一時は当地のアルフレッド大王に撃退されたが、結局、1016年、ノルマン人の一派であるデーン人の王クヌートにより征服がなされた

 

 その後、デーン人たちはアングロ・サクソン王家による逆襲を撃退し、1066 年にはノルマンディー公ウィリアムが〈ウィリアム 1 世〉として即位し〈ノルマン朝〉を建てた

 

Bヴァイキングの活動-忘れ去られた、真の西洋の支配者
ノルマンディー公ウィリアム
借用元 http://blog.goo.ne.jp/daimajin-b/e/f958598234b48509e61fb9711d0ac38b

 

 これらノルマン人によるイングランドでの侵略活動は、「ノルマン・コンクエスト」と呼ばれている。

 

 さらにノルマン人は、スラヴ人たちが居住するヨーロッパ東部へも進出し、9 世紀に〈ノヴゴロド国〉、および〈キエフ国〉を建国し、これが現在のロシアにおける起源となった。

 

 またノルマン人が進出したのは、ヨーロッパだけではない。

 

 彼らはアイスランドグリーンランドなどにも入植し、コロンブスよりも 500 年も早くアメリカ大陸に到着していた

 

 くわえて彼らの現住地にも、デンマークノルウェースウェーデンなどが建国された。

 

 これらの国々は、そのまま現代へと続いている。

 

 しかしこれらの国々が結局はキリスト教化されたため、ヴァイキングの活動も終わった

 

 

ヨーロッパにおける、ヴァイキングについての記録

 そうした経緯によりノルマン人たちは、ヨーロッパ各地を占領したのである。

 

 当然に、ヨーロッパには多くのヴァイキングによる文化が伝えられたはずだ。

 

 しかしそれについての記録は、極端に少ない。

 

 その理由は、以下の事情から察せられる。

 

 まず支配されたヨーロッパからすれば自国が北方の野蛮人に支配されたという事実は、認めたくない

 

 よって支配者についての記述は、極端に少なくても当然である。

 

 また侵略者側の観点からは、あくまで自分たちが異国を支配する正当性・正統性を主張したいのだ。

 

 ならば自分たちが武力で当地を征服したからこそ、そこの支配者として君臨しているという事実は、極力、隠したいであろう

 

 したがって、征服者側からも当地征服の過程は、できるだけ残したくないのである。

 

 そのように支配者・被支配者双方の利害が一致しているため、ヨーロッパにはヴァイキングについての記述が少ないのである。

 

 ちなみにこれとおなじ現象は、中国にも見られる。

 

 中国は歴史上、騎馬民族に何度も支配されたにもかかわらず、騎馬民族にかんする情報は、極度に少ないか、あるいは歪んでいるかしている。

 

 これは故意的に、あるいは場合によっては無意識的に、騎馬民族侵略の正しい歴史を隠蔽しようしているからだ。

関連ページ

@ヨーロッパにおけるゲルマン民族大移動-原因と結果
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランク王国の成立と実態-西洋中世の完成と、文明の程度
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@フランス、イタリア、神聖ローマ帝国の形成と、今日のヨーロッパ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@封建制度と自由都市が、近現代経済体制をつくった
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@中世キリスト教文化が、キリスト教否定を招くという矛盾
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
@西洋中世文化という少年期-“聴覚”の重要性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の人民抑圧を正当化する、ギリシャ正教
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、興亡と盛衰-朽ちていくことが宿命
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aビザンツ帝国の、歴史的意義と発展段階-文明の仲介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Aスラブ諸国の形成と特徴-彼らはなぜ、専制的なのか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Bヴァイキングの歴史的意義-その本質は、「海の騎馬民族」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍 -「文明の衝突」の原点-逆転する時代の覇者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
C十字軍-和解不可能なキリスト教とイスラム教の原点
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Dローマ教皇と国王-特異な二重支配体制-権威と権力の分掌
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
D教皇権の盛衰と、国王権の伸長-近世的社会を準備
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E英仏百年戦争と、議会の成立-王権の強化を生む
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
E百年戦争の原因と経過と結果-近代ヨーロッパの構図を形成
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Eバラ戦争が決定づけた、イングランドとスコットランド
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fイスラム教の誕生と本質-なぜ時代はイスラム教を必要としたか
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Fスンナ派とシーア派の差異-ペルシャ文明の関与
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
F.『コーラン』の構造に見る、ムスリムの行動原理
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gアッバース朝と後ウマイヤ朝-中世の覇者、中世西洋の抑圧者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gトルコ系王朝という、中世・近代西洋の「最強仮想敵国」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Gインド、東南アジアにおける、イスラム教の伝播-人口増加を呼ぶ
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
G.アフリカ大陸の通商路をつくった、イスラム王朝
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化と、その本質-〈古代〉と〈近代〉の媒介者
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
H神秘主義という、イスラム教の「正統的異端者」
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文学から読み解く、中世世界-聴覚優先
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Hイスラム文化 -造形美術と音楽-イスラム芸術の特殊性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジア諸国における、共通した特性
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Jベトナム-中国(漢字)文化圏 -強国支配に対し、抵抗
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
I東南アジアにおける、上座部仏教(小乗仏教)の浸透
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iタイ、カンボジア等で、なぜ仏教は受容されたか?
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iマレーシア、インドネシア-近代化できたイスラム教国
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。
Iフィリピン-ラテン・アメリカに近い、カトリック文化圏
複雑で難解と思われる世界史を、88の事象に分類し、その出来事を示す格言・名言により説明します。内容は本質的でありながら、たいへんにわかりやすいです。日本史をふくめた世界史を、哲学的方法論でもってひとつにまとめています。

管理人 水無川 流也